芸能人・経営者のおくやみ情報

アルフレッド・ロトカAlfred J. Lotka

統計学者[アメリカ]

1949年 12月5日 死去享年70歳

アルフレッド・ロトカ(Alfred J. Lotka, 1880年3月2日 - 1949年12月5日) は、アメリカの統計学者。
人口統計学の研究で知られる。
アルフレッド・ロトカはアメリカ人の両親のもとに当時のオーストリア帝国のレムベルク(現在はウクライナのリヴィウ)に生まれた。
少年時代をフランスで過ごした後、教育を受けるためにイングランドにおもむき、1901年にバーミンガム大学から物理学と化学で学士号を取得した。
その後、1901年から1902年まで、ライプツィヒ大学に学んだ。
当時のライプツィヒ大学はオストワルト(F.W.Ostwald)が物理化学研究所を指導しており、熱力学的原理で物理学、化学、生物学を統一しようとするエネルギー一元論を主張していた。
ライプツィヒにおける経験は、ロトカに生物集団の進化とその発展の一般理論への生涯にわたる関心を与えたといわれる。
1902年に渡米したロトカは、ジェネラル・ケミカル(General Chemical Co.) に入社して1908年まで勤務した。