芸能人・経営者のおくやみ情報

勝新太郎 氏(かつしんたろう)

俳優[日本]

1997年 6月21日 死去下咽頭がん享年65歳

勝新太郎 - ウィキペディアより引用

勝 新太郎(かつ しんたろう、1931年11月29日 - 1997年6月21日)は、日本の俳優・歌手・脚本家・映画監督・映画プロデューサー・三味線師範。
市川雷蔵とともに大映(現・角川映画)の「二枚看板」として活躍。
その後は「勝プロダクション」を設立し、劇場用映画やテレビ作品などの製作にも携わった。
勝新(かつしん)と愛称で呼ばれ、豪放磊落なイメージと愛嬌のある人柄で、不祥事が起こっても多くのファンから愛された。
生い立ち 長唄三味線方の杵屋勝東治と妻・八重子の次男として、母方の実家のある千葉県で生まれる。
生家は東京市深川区(現在の東京都江東区)。
宇津井健は幼馴染。
若山富三郎は二歳上の兄。
旧制法政中学校(現在の法政大学中学高等学校)中退。
十代のころは長唄と三味線の師匠として、深川の芸者に稽古をつける。
長唄の名取は二代目 杵屋勝丸。
1954年のアメリカ巡業中に、撮影所で紹介されたジェームズ・ディーンに感化されて映画俳優になることを決意する。
大映時代 23歳の時に大映京都撮影所と契約、1954年の『花の白虎隊』でデビュー。

映画俳優。 故人。 若山富三郎は兄。妻は女優の中村玉緒。息子は俳優の雁龍太郎?。 1931年生まれ、1962年結婚。1978年、アヘン所持にて逮捕。1990年、麻薬関係で逮捕。1992年帰国後日本でも逮捕、懲役2年6月執行猶予4年判決(東京地裁)。大麻をパンツの中に隠していたことから、「もうパンツはかない」という名言が話題になった。 (引用元 Hatena Keyword)