芸能人・経営者のおくやみ情報

高橋竹山 氏

津軽三味線奏者[日本]

1998年 2月5日 死去咽頭がん享年87歳

初代・高橋 竹山(たかはし ちくざん、1910年(明治43年)6月18日 - 1998年(平成10年)2月5日)は津軽三味線の名人。
本名高橋定蔵。
一地方の芸であった津軽三味線を全国に広めた第一人者である。
演歌歌手北島三郎が歌った『風雪ながれ旅』のモデル。
人物・生涯 青森県東津軽郡中平内村(現在の平内町)小湊生まれ。
3歳の時に麻疹をこじらせて半失明する。
その後近所のボサマ(盲目の門付芸人)であった戸田重次郎から三味線と唄を習い、17歳頃から東北北部・北海道を門付けしたという。
1933年(昭和8年)3月2日に三味線引きの仕事で三陸海岸にある玉川の旅館に宿泊中、夜半過ぎに強い地震に遭った。
これが昭和三陸地震と呼ばれる地震で宿泊していた宿は津波に襲われて全壊。
高橋は地震が収まったあと宿から避難し津波の来る直前に命からがら宿の裏にある山へ避難することができた。
1938年(昭和13年)イタコをしていたナヨと結婚。
太平洋戦争の激化で三味線では生活が支えることが難しくなり、1944年(昭和19年)、鍼灸師とマッサージ師の資格取得のため県立八戸盲唖学校に入学。

津軽三味線奏者。津軽三味線を日本中に広めた最大の功績者といわれる。 明治43年(1910)6月、青森県東津軽郡中平内村(現・平内町)字小湊に生まれた。本名定蔵。幼いころ麻疹をこじらせ半ば失明。津軽民謡の神様と言われた成田雲竹の伴奏者として各地を興行、竹山を名乗った。この間、雲竹、竹山の名コンビにより津軽民謡の数々を発表。 (りんご節、鰺ヶ沢甚句、十三の砂山、弥三郎節、ワイハ節、津軽願人節等は二人の作による。)昭和39年に独立、独自の芸域を切り開いて津軽三味線の名を全国に広く知らしめた。昭和50年、第9回吉川英治文化賞、昭和58年には勲4等瑞宝章。 東京渋谷にあった、「ジァンジァン」でのライブは多くの若者の心を捕らえて、全国に竹山の津軽三味線ブームをわき起こした。 1998年2月5日享年87歳。 真に津軽人(情っ張り)であり、その豪快かつ繊細な音色に今でもなおファンは多い。伴奏楽器にすぎなかった津軽三味線を独創楽器に高めた竹山。現在活躍する津軽三味線奏者が活躍できているのも本人達の実力もさることながら、津軽三味線の知名度とその完成度を高めた竹山の功績によるものが大きい。 「竹山」の名は二代目高橋竹山に継がれ活躍している。 津軽三味線に少しでも興味がもてたらぜひ聴いてみて欲しい。 (引用元 Hatena Keyword)

「高橋竹山」と関連する人物(故人)