芸能人・経営者のおくやみ情報

石ノ森章太郎 氏

漫画[日本]

1998年 1月28日 死去リンパ腫享年60歳

石ノ森章太郎 - ウィキペディアより引用

石ノ森 章太郎(いしのもり しょうたろう、1938年〈昭和13年〉1月25日 - 1998年〈平成10年〉1月28日)は、日本の漫画家、特撮作品原作者。
本名、小野寺 章太郎(おのでら しょうたろう)。
1984年までは石森 章太郎の表記を用いたが、この時期には「いしもり〜」と呼ばれるのが通例だった。
SF漫画から学習漫画まで幅広い分野で作品を量産し「漫画の王様」、「漫画の帝王」と評された。
昭和3,40年代、マンガの世界で新しい手法の開発者としてとくに目立った存在であり、多様な分野と作風の中でもとくにSFマンガで他への影響が手塚治虫と並んで大きかった。
昭和40年代始め頃にはマンガの王様と呼ばれていた。
仮面ライダーシリーズ以降は特撮へと存在感が移っていった。
代表作は『サイボーグ009』、『009ノ1』、『リュウの道』、『ジュン』、『佐武と市捕物控』、『さるとびエッちゃん』、『ロボット刑事』、『マンガ日本経済入門』、『HOTEL』など。

いしのもりしょうたろう [生]1938.1.25.宮城,石森[没]1998.1.28.東京漫画家。本名は小野寺章太郎。宮城県立佐沼高等学校在学中の1955年,『漫画少年』に投稿した『二級天使』でデビュー。1956年の卒業とともに上京してトキワ荘に入居,石森章太郎のペンネームで活動した。幅広いジャンルで活躍し,初期には冒険物『幽霊船』,少女物『龍神沼』,超能力物『ミュータント・サブ』などを発表。1960年代の少年週刊誌全盛期には代表作『サイボーグ009』(1964)を発表。1965,1966年には発想から制作までのプロセスや表現法を詳述した『マンガ家入門』(正・続2冊)を出版。青年コミック誌では,『佐武と市捕物控』(1967)など時代物,『009ノ1』(1967)などお色気物も発表し,手塚治虫主宰の月刊誌『COM』には詩的ファンタジーを取り入れた実験作『ジュン』(1967~69)を連載。1970年代には『仮面ライダー』など,テレビの特殊撮影番組と連携した作品を多く手がけた。1986年にペンネームを石ノ森章太郎に変え,同時期に連載が始まった『HOTEL』が後期の代表作となる。1986年からは単行本『マンガ日本経済入門』(4巻),『マンガ日本の歴史』(55巻)などで新たな分野も開いた。 (引用元 コトバンク)