芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴァルター・シェール 氏Walter Scheel

元西ドイツ大統領[ドイツ]

2016年 8月24日 死去享年98歳

ヴァルター・シェール - ウィキペディアより引用

ヴァルター・シェール(Walter Scheel , 1919年7月8日 - )は、ドイツ(西ドイツ)の政治家。
第4代連邦大統領(在任 1974年 - 1979年)。
そのほか経済協力相(1961‐1966年)、副首相兼外相(1969‐1974)を歴任。
1968年から1974年までは所属する自由民主党(FDP)の党首も務め、「大連立」政権樹立や戦後初のドイツ社会民主党(SPD)政権樹立といった政界再編の影の主役でもあった。
青年期・FDP入党 ノルトライン=ヴェストファーレン州ゾーリンゲンの生まれ。
父親は車輪作りの職人、家庭はプロテスタント。
1938年アビトゥーアに合格し銀行で修業を始めるが、翌年徴兵されドイツ空軍に入る。
1945年まで第二次世界大戦に従軍し、最終階級は中尉。
戦争中の1942年に結婚し一児をもうけている。
この間シェールがナチスに入党していたか否かは議論があり、戦争末期に入党したとも入党していなかったともいうが、証拠となる記録が残っていない(シェール本人は入党を否定し続けつつも、大統領任期切れの直前に「入党志願書が届いていた」事を認めたが、結局入党した否かについて明言を避けている)。

(Walter Scheel , 1919年7月8日 - ) ドイツ(西ドイツ)の政治家。第4代連邦大統領(在任 1974年 - 1979年)。そのほか経済協力相(1961‐1966年)、副首相兼外相(1969‐1974)を歴任。1968年から1974年までは所属する自由民主党(FDP)の党首も務め、「大連立」政権樹立や戦後初のドイツ社会民主党(SPD)政権樹立といった政界再編の影の主役でもあった。 (引用元 Hatena Keyword)