芸能人・経営者のおくやみ情報

吉田文雀 氏(よしだぶんじゃく)

人形浄瑠璃文楽人形遣い[日本]

2016年 8月20日 死去心静止享年89歳

吉田 文雀(よしだ ぶんじゃく、本名:塚本 和男、1928年6月8日 - )は、人形浄瑠璃文楽の人形遣い。
東京都出身。
来歴・人物 父、祖父の影響で幼少の戦前から文楽や歌舞伎に触れてきた、戦時中は好きが高じて文楽の楽屋に出入りし戦中多くの遣いが疎開や戦地に赴いた為、人手が足りなかった為舞台に立つことになる。
1945年8月に文楽座入りし、2代目吉田玉市の預かり弟子で吉田和夫を名乗る。
翌年正式に南座で初舞台。
1950年に3代目吉田文五郎の正式な門下になり2代目中村扇雀(後の4代目坂田藤十郎)仲がよかったので文五郎「文」と扇雀「雀」で文雀となる。
1991年紫綬褒章受章。
1994年、人間国宝認定。
戦後文楽の発展、復興に尽力した人物。
2016年、文楽協会と日本芸術文化振興会より、引退が発表された。
脚注 ==。

よしだぶんじゃく [生]1928.6.8.東京[没]2016.8.20.兵庫,西宮人形浄瑠璃文楽の人形遣い。本名塚本和男。祖父,父の影響で幼少の頃から文楽座の楽屋に出入りし,1945年8月,2世吉田玉市の預かりとなり,吉田和夫と名のる。1949年文楽が二派に分裂すると因会(ちなみかい)に所属。1950年,3世吉田文五郎の門弟となり,交流のあった2世中村扇雀(→中村鴈治郎〈3世〉)と師匠の名を組み合わせ,吉田文雀と改名。足遣いの修業を経ないなどの不利を,人一倍の努力と研究で克服して頭角を現し,1963年の文楽協会設立後は『新うすゆき物語』の梅の方などの少ない動きで情愛を表す役や,『菅原伝授手習鑑』の覚寿のような老女役を受け持ち,他の追随を許さない芸境に達した。文楽の生き字引的存在で,首(かしら)や衣装だけでなく浄瑠璃作品の歴史や社会背景にも通じた。各役に首を配分する首割りの重責に長年従事し,国立文楽劇場刊行の解説書『国立文楽劇場所蔵文楽のかしら』(2006)を監修。1994年重要無形文化財保持者(人間国宝。→無形文化財)に認定。1988年芸術選奨文部大臣賞,1991年紫綬褒章,1999年勲四等旭日小綬章を受けた。(→浄瑠璃,人形浄瑠璃,文楽) (引用元 コトバンク)

「吉田文雀」と関連する人物(故人)