芸能人・経営者のおくやみ情報

正岡子規(まさおかしき)

俳人歌人[日本]

1902年 9月19日 死去結核享年36歳

正岡子規 - ウィキペディアより引用

正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。
名は常規(つねのり)。
幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。
俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人であった。
死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。
伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)に松山藩士正岡常尚と八重の間に長男として生まれた。
母は、藩の儒者大原観山の長女。
1872年(明治5年)、幼くして父が没したために家督を相続し、大原家と叔父の加藤恒忠(拓川)の後見を受けた。
外祖父・観山の私塾に通って漢書の素読を習い、翌年には末広小学校に入学し、後に勝山学校に転校。
少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しみ、友人と回覧雑誌を作り、試作会を開いた。
また自由民権運動の影響を受け、政談にも関心を熱中したという。
1880年(明治13年)、旧制松山中学(現・松山東高)に入学。

  • 題名
    仰臥漫録 (岩波文庫)
    著者
    正岡子規
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    195ページ
    発売日
    1983-11-16
    新品価格
    ¥ 583
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    『正岡子規全集・83作品⇒1冊』【さし絵・図解つき】
    著者
    正岡子規
    発売元
    正岡子規全集・出版委員会
    ページ数
    718ページ
    発売日
    2015-05-13
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    病牀六尺 (岩波文庫)
    著者
    正岡子規
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    193ページ
    発売日
    1984-07-16
    新品価格
    ¥ 583
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    正岡子規
    著者
    ドナルドキーン
    発売元
    新潮社
    ページ数
    310ページ
    発売日
    2012-08-01
    新品価格
    ¥ 1,944
    中古商品
    ¥ 700 より
  • 題名
    歌よみに与ふる書 (岩波文庫)
    著者
    正岡子規
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    180ページ
    発売日
    1983-03-16
    新品価格
    ¥ 562
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    墨汁一滴 (岩波文庫)
    著者
    正岡子規
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    170ページ
    発売日
    1984-03-16
    新品価格
    ¥ 518
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    病牀六尺
    著者
    正岡子規
    発売元
    ページ数
    156ページ
    発売日
    2012-10-04
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    子規句集 (岩波文庫)
    著者
    正岡子規
    発売元
    岩波書店
    ページ数
    345ページ
    発売日
    1993-04-01
    新品価格
    ¥ 875
    中古商品
    ¥ 5 より
  • 題名
    笑う子規 (ちくま文庫)
    著者
    正岡子規
    発売元
    筑摩書房
    ページ数
    223ページ
    発売日
    2015-01-07
    新品価格
    ¥ 756
    中古商品
    ¥ 219 より
  • 題名
    俳句の初歩
    著者
    正岡子規
    発売元
    ページ数
    11ページ
    発売日
    2016-10-31
    新品価格
    中古商品

(1867-1902) 俳人・歌人。松山市生まれ。本名、常規。別号、獺祭(だつさい)書屋主人・竹の里人など。新聞「日本」・俳誌「ホトトギス」によって写生による新しい俳句を指導、「歌よみに与ふる書」を著して万葉調を重んじ、根岸短歌会を興す。また写生文による文章革新を試みるなど、近代文学史上に大きな足跡を残した。著「竹の里歌」「俳諧大要」「仰臥漫録」など。脊髄カリエスにより早世。 goo国語辞典 第一高等中学校で夏目漱石と同級生になり、子規の死まで友情が続いた。 野球を日本に紹介した人としても有名。*1 *1:2002年、新世紀特別表彰で野球殿堂入りした。 (引用元 Hatena Keyword)