芸能人・経営者のおくやみ情報

滝廉太郎(たきれんたろう)

作曲家[日本]

1903年 6月29日 死去結核享年25歳

滝廉太郎 - ウィキペディアより引用

瀧 廉太郎(たき れんたろう、1879年(明治12年)8月24日 - 1903年(明治36年)6月29日)は、日本の音楽家、作曲家。
明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人である。
一般向けの文献では滝廉太郎表記になっているものが多い。
生涯 1879年(明治12年)8月24日、瀧吉弘の長男として東京市芝区南佐久間町2丁目18番地(現:東京都港区西新橋2丁目)に生まれる。
瀧家は江戸時代、日出藩の家老職をつとめた上級武士の家柄である。
父・吉弘は大蔵省から内務省に転じ、大久保利通や伊藤博文らのもとで内務官僚として勤めた後、地方官として神奈川県や富山県富山市、大分県竹田市等を移り住んだため、瀧も生後間もなくから各地を回ることとなった。
1886年(明治19年)5月、神奈川県師範学校附属小学校に入学。
同年9月、富山県尋常師範学校附属小学校(現在の富山大学人間発達科学部附属小学校)に転校。
1888年(明治21年)5月、麹町尋常小学校(現在の千代田区立麹町小学校)に転校し、同校を1890年(明治23年)に卒業。

たきれんたろう [生]1879.8.24.東京[没]1903.6.29.大分明治の作曲家。洋楽輸入以後の日本最初の本格的な作曲家。1898年東京高等師範学校付属音楽学校(現東京芸術大学音楽学部)卒業。1901年ドイツに留学したが,発病して翌年帰国。1900年頃作曲した組歌『四季』(有名な『花』を含む)は,洋楽のスタイルによる日本最初の芸術作品で,その後も歌曲『荒磯』,ピアノ曲『メヌエット』『憾(うらみ)』を作曲。中学唱歌の『荒城の月』(無伴奏)などを作り,また言文一致唱歌運動に協力して『鳩ぽっぽ』『お正月』など今日も歌われている唱歌を作曲した。 (引用元 コトバンク)