芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンダー・カルダー 氏Alexander Calder

彫刻家[アメリカ]

1976年 11月11日 死去享年79歳

アレクサンダー・カルダー - ウィキペディアより引用

アレクサンダー・カルダー(英語: Alexander Calder、1898年7月22日 - 1976年11月11日、アレクサンダー・コールダーとも)は、アメリカ合衆国の彫刻家・現代美術家。
動く彫刻「モビール」の発明と制作で知られている。
モビールやスタビルと呼ばれる抽象彫刻のほか、絵画、リトグラフ、タペストリー、ジュエリー、玩具などさまざまな分野で創作活動を展開した。
カルダーは代々高名な彫刻家であった家系に生まれたが、若い頃は職人を志向して機械工学の勉強をしてエンジニアとなった。
芸術家の道に転向してからは素描(ドローイング)を学び、第一次世界大戦後のパリに出てからは得意の一筆書きを生かした針金彫刻を始め、金属を使った抽象彫刻を制作した。
この頃彼は発明の才を生かし、機知やユーモアにとんだ針金作品を使って、一人で操るサーカスの上演を自室で始めたが、そのパフォーマンスが評判となったことで芸術界の有名人になり、パリに集まっていた多くの前衛芸術家たちと知り合い大きな刺激を受けた。