芸能人・経営者のおくやみ情報

ヤヌシュ・コルチャックJanusz Korczak

児童文学作家[ポーランド]

1942年 8月7日 死去享年65歳

ヤヌシュ・コルチャック - ウィキペディアより引用

ヤヌシュ・コルチャック(Janusz Korczak, 1878年7月22日 - 1942年8月)は、ポーランドの小児科医、児童文学作家で教育者。
本名は、ヘンリク・ゴルトシュミット。
ユダヤ系ポーランド人。
1911年からはユダヤ人孤児のための孤児院ドム・シエロ院長となり、児童教育に関する著書もいくつか書いており、児童の権利という概念の先駆者となった。
しかしナチス・ドイツによるポーランド占領下において、孤児院の子供とともにホロコーストの犠牲となった。
日本においては「コルチャック先生」と表記されることが多い。
生涯 父ユゼフ・ゴルトシュミットと母ツェツィリア・グウェンヴィツカとの間に生まれる。
家は裕福な弁護士一家であった。
ゴルトシュミット家は、ワルシャワではポーランドに同化した家族と見られていた。
反ユダヤの風潮が高まる中で初めてコルチャックは、自らのユダヤ系の出自を意識することになった。
学校時代、彼はワルシャワの文系のギムナジウムに通った。
そこで、ラテン語、ドイツ語、フランス語、そしてギリシア語を学んでいる。

ポーランドの小児科医、児童文学作家、教育者。ユダヤ系ポーランド人。 第二次世界大戦のさなか、ドイツがポーランドを占領中、ワルシャワではユダヤ人は市内の一部で隔離されたユダヤ人ゲットーの中に強制的に移動させられたが、その中でユダヤ人孤児のための孤児院 の院長をつとめ、最後は子どもたちと共にトレプリンカのユダヤ人強制収容所に移され、そこで子ども達とガス室で殺された。 彼の児童文学作品は、第二次大戦中、ドイツでも読まれていた。 現在、トレプリンカにはユダヤ人がそこから連れてこられた町の名を記した大小の石が野に並んでいるが、コルチャックの墓石だけ、名前が記されている。 子どもの権利の擁護者として知られていて、現在の国連の子どもの権利条約はこの人と、セーブ・ザ・チルドレンの創設者エグランタイン・ジェッブの2人がが先鞭をつけたものと言われている。 (引用元 Hatena Keyword)

「ヤヌシュ・コルチャック」と関連する人物(故人)