芸能人・経営者のおくやみ情報

フェルディナント・フォン・ツェッペリンFerdinand Adolf Heinrich August Graf von Zeppelin

発明家陸軍中将[ドイツ]

1917年 3月8日 死去享年80歳

フェルディナント・フォン・ツェッペリン - ウィキペディアより引用

『フェルディナンド・フォン・ツェッペリン』より : フェルディナント・アドルフ・ハインリヒ・アウグスト・フォン・ツェッペリン伯爵(Ferdinand Adolf Heinrich August Graf von Zeppelin 、1838年7月8日 - 1917年3月8日)は、ドイツの軍人(陸軍中将)であり、発明家・企業家。
硬式飛行船を実用化した人物であり、「ツェッペリン」は幾つもの言語において「硬式飛行船」を意味する普通名詞となっている。
来日し、日本でも皇居を避けつつ上空を飛来し「Z伯」の名で報道され有名となった。
バーデン大公国(現ドイツ南部のバーデン=ヴュルテンベルク州)のコンスタンツ出身。
軍歴 ツェッペリン伯爵は1853年にシュトゥットガルトの理工科学校(ドイツ)を退学し、1855年にルートヴィヒスブルクの士官学校に入学。
ドイツ連邦ヴュルテンベルク王国で軍人としての道を歩み始めた。
1858年までにはヴュルテンベルク軍の少尉になる。
同年、自然科学、工学、化学を学ぶための休暇を許されテュービンゲンへ。
しかし翌59年に第二次イタリア独立戦争が勃発すると工兵としてプロイセンに動員され、勉学を中断。