芸能人・経営者のおくやみ情報

羽田健太郎 氏

作曲家ピアニスト[日本]

2007年 6月2日 死去肝細胞がん享年58歳

羽田 健太郎 (はねだ けんたろう、1949年1月12日 - 2007年6月2日) は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト。
通称、ハネケン。
劇伴音楽を多く手がけた。
2000年4月から2007年5月までテレビ朝日系列の音楽番組『題名のない音楽会21』の司会を務めた。
プロフィール 1949年東京都生まれのピアニスト、編曲家、作曲家。
東京音楽大学客員教授。
桐朋学園高等部から桐朋学園大学音楽学部ピアノ学科卒業。
有賀和子、井口基成、柴沼尚子など、業界では特にスパルタで知られる高名な教育者たちに師事。
長女は声楽家で現在ショップチャンネルのキャストでもある羽田紋子。
出生〜中学2年生まで 1歳の時に銀行員の父を亡くし、住宅会社に勤める外交員の母親と祖父によって育てられた。
4歳のときに他人との協調性を学ばせるため、祖父の意見で東京少年少女合唱隊に入れられた。
これが羽田と音楽との出会いであった。
小学校2年(北区立王子小学校)の時にピアノに転向、田鎖直江に師事。
7か月後に安藤たかに師事。
安藤には3年間師事した。
その後志田芳久に師事する。

作曲家、ピアニスト。 代表作「渡る世間は鬼ばかり」「超時空要塞マクロス」など。 2007年6月2日、肝細胞癌のため、東京都内の病院で死去。享年58歳。 (引用元 Hatena Keyword)