芸能人・経営者のおくやみ情報

三木露風 氏(みきろふう)

詩人歌人[日本]

1964年 12月29日 死去交通事故享年76歳

三木露風 - ウィキペディアより引用

三木 露風(みき ろふう、1889年(明治22年)6月23日 - 1964年(昭和39年)12月29日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人、随筆家。
本名は三木 操(みき みさお)。
異父弟に映画カメラマンの碧川道夫がいる。
近代日本を代表する詩人・作詞家として、北原白秋と並び「白露時代」と称された。
若き日は日本における象徴派詩人でもあった。
兵庫県揖西郡龍野町(現在のたつの市)に父・三木節次郎、母・かたの長男として生まれた。
5歳の時に両親が離婚し、祖父の元に引き取られ、育てられた。
小・中学生時代から詩や俳句・短歌を新聞や雑誌に寄稿、17歳で処女詩集を、20歳で代表作の『廃園』を出版するなど早熟の天才であり、北原白秋とともに注目された。
龍野中学校中退後上京し、早稲田大学および慶應義塾大学で学んだ。
1918年頃から鈴木三重吉の赤い鳥運動に参加し童謡を手掛ける。
1921年には、童謡集『真珠島』を出版した。
この中の「赤とんぼ」は山田耕筰によって作曲され、広く知られている。
また、1916年から1924年まで北海道上磯町(現・北斗市)のトラピスト修道院で文学講師を務めた。

(1889-1964) 近代日本を代表する詩人。北原白秋と共に白露時代を築いた。象徴主義詩に影響を受けた。 (引用元 Hatena Keyword)