芸能人・経営者のおくやみ情報

ウィリアム・バトラー・イェイツWilliam Butler Yeats

詩人、劇作家[アイルランド]

1939年 1月28日 死去享年75歳

ウィリアム・バトラー・イェイツ - ウィキペディアより引用

ウィリアム・バトラー・イェイツ(William Butler Yeats, 1865年6月13日 - 1939年1月28日)は、アイルランドの詩人、劇作家。
イギリスの神秘主義秘密結社黄金の夜明け団(The Hermetic Order of the Golden Dawn)のメンバーでもある。
ダブリン郊外、サンディマウント出身。
作風は幅広く、ロマン主義、神秘主義、モダニズムを吸収し、アイルランドの文芸復興を促した。
日本の能の影響を受けたことでも知られる。
1976年から発行されていたアイルランドの20ポンド紙幣に肖像が使用されていた。
年譜 1865年 画家J・イェイツ(John Butler Yeats)のもとに生まれる。
15歳まではロンドンで過ごす。
1880年 ダブリンに帰郷。
父の影響で絵の勉強をしたが、むしろ文学の方面で実力を発揮した。
1889年 「アシーンの放浪」出版。
ケルトの古伝説に興味を持ち始める。
1892年 アイルランド文芸協会設立。
1899年 アイルランド国民劇場協会設立。
1923年 ノーベル文学賞受賞。

Yeats, William Butler W.B. イェイツ(1865-1939)イエーツとも。 近代アイルランドを代表する詩人・劇作家。1865年ダブリンに生まれ、幼年時に多くの時間を過ごしたスライゴーは後の創作の源泉ともなった。グレゴリ夫人、J. M. シングと並んでアイルランド文芸復興運動の立役者でもある。「薔薇」「葦間の風」「クール湖の野鳥」「塔」「螺旋階段」などの詩集を生涯に渡って著し、古代ケルト神話、古代インド文化、キリスト教神秘主義、東洋文化、アイルランドの民話、エドマンド・スペンサー、イギリス・ロマン主義、英仏象徴主義、近代アイルランド文学、エズラ・パウンドを中心とするモダニズムなど様々な要素を貪欲に飲み込んでいった作風は、同時代・後世の文学者に絶大な影響を与えた。劇作にも優れ、民話を基にした「キャスリーン伯爵夫人」、能をモチーフにした「鷹の井戸」、ベケットにも影響を与えた「窓ガラスに刻まれた言葉」など広範な題材に渡る戯曲を書いた。20世紀英米モダニズムを考察するに当たって欠かせない文学者である。1923年にノーベル文学賞を受賞。1939年1月28日、ドイツにて心臓麻痺で死去する。この死に対しては、当時の代表的な英語詩人オーデンが追悼の詩を書いている。 イェイツには魔術結社「黄金の夜明け」団の魔術師としての側面もある。GDでの位階は5=6。詩人、文学者としてのイェイツ研究者にとって、「黄金の夜明け団」は看過されることが多かったが、近年では彼のオカルティズム的な要素への研究も進み、日本では英文学者の島津彬郎が刺激的な著作を出している。 http://www7.ocn.ne.jp/~e …… (引用元 Hatena Keyword)