芸能人・経営者のおくやみ情報

陣幕久五郎(じんまくきゅうごろう)

相撲力士・第12代横綱[日本]

1903年 10月21日 死去享年75歳

陣幕久五郎 - ウィキペディアより引用

陣幕 久五郎(じんまく きゅうごろう、1829年6月4日(文政12年5月3日) - 1903年(明治36年)10月21日)は、出雲国意宇郡意東村(現・島根県松江市東出雲町下意東)出身の元大相撲力士。
第12代横綱。
本名は石倉 槇太郎(いしくら しんたろう)。
1829年6月4日(文政12年5月3日)に、出雲国意宇郡意東村で農家を営む家に生まれる。
14歳だったある日、兄と友人の3人で小舟に乗って海釣りを楽しんでいると、昇った月が3個に分割してその間に3個の星が出ているのが見え、左から右へ旋回する様子が15分ほど見られた。
3人の中で自分だけが見えたため、愼太郎は以前から好きだった相撲で名を挙げなければならないと決心して力士を志した。
1847年のある日、大坂相撲の巡業へ飛び入り参加して自信を持ち、尾道の土地相撲へ加入してその力量を認められると同時に、黒縅槙之助と名乗って同郷の力士である初汐久五郎の弟子となった。