芸能人・経営者のおくやみ情報

ピウス11世Pius PP. XI

ローマ教皇[オーストリア]

1939年 2月10日 死去享年83歳

ピウス11世 - ウィキペディアより引用

『ピウス11世 (ローマ教皇)』より : ピウス11世(Pius PP. XI、1857年5月31日-1939年2月10日)はローマ教皇(在位:1922年2月6日-1939年2月10日)、カトリック教会の司祭。
本名 アキッレ・ラッティ(Achille Ratti)。
二つの世界大戦のはざまの時期にあって、世界平和の実現に奔走し、19世紀以来とだえていた諸国と教会の関係正常化をはかった。
ピオ11世とも表記される。
生涯 オーストリア帝国のロンバルド=ヴェネト王国デージオで工場経営者を父に生まれたアキッレ・ラッティは、第一次世界大戦中の1917年から18年、教皇訪問使節としてポーランドとロシアに派遣された。
1919年には駐ワルシャワ大使として赴任したが、同年2月にポーランド・ソビエト戦争が勃発すると、危険を冒して大使館に留まり、教皇のメッセンジャーとしてカトリック国ポーランドを支援した。
後に要職であるミラノ大司教を経て、1922年2月に教皇に選出された。
長く外交分野で働いたが、本来は学者で、諸言語に通じ、古代以来のさまざまな神学的著作に精通していた。

ピウスじゅういっせいPiusXI [生]1857.5.31.ミラノデジオ[没]1939.2.10.教皇(在位1922~39)。本名AmbrogioDamianoAchilleRatti。1879年司祭。多くの図書館長を歴任。古文書学の権威。1918年ポーランドへの教皇使節。21年ミラノ大司教,枢機卿。29年イタリア政府とラテラノ条約を結んでバチカン市国の法的地位を確立し,教会の役割を明確化した。メキシコ,ドイツとも政教条約を結んだが,ドイツとのそれが破棄されるや,37年ナチスを非キリスト教的と非難。共産主義を教会の最大の敵とみてスペインではフランコを支持したが,ムッソリーニの反ユダヤ運動が起るとこれを非難した。31年の回勅「クァドラジェシモ・アンノ」は社会,経済問題の基本を確立した。 (引用元 コトバンク)