芸能人・経営者のおくやみ情報

ハリー・S・トルーマン 氏Harry S. Truman

政治家、第33代アメリカ合衆国大統領[アメリカ]

1972年 12月26日 死去享年89歳

ハリー・S・トルーマン - ウィキペディアより引用

ハリー・S・トルーマン(英語: Harry S. Truman, 1884年5月8日 - 1972年12月26日)は、アメリカ合衆国の政治家。
上院議員、第34代副大統領、第33代大統領を歴任。
フランクリン・ルーズベルト大統領の死を受けて1945年に副大統領から大統領に昇格。
第二次世界大戦の終了から冷戦の始まり、国際連合、CIA、NSA、ペンタゴン(国防総省)の創設および朝鮮戦争などに関与した。
白人至上主義者団体クー・クラックス・クラン(KKK)への加入歴もあるが、全米有色人種地位向上協会で演説を行い、公民権運動を支援した初めての大統領である。
日本への原子爆弾投下について、投下書類(投下命令書)を承認した。

(ただし、トルーマンによる正式な承認は記録されていない。
) 生い立ち 1884年5月8日にミズーリ州ラマーでジョン・アンダーソン・トルーマンとマーサ・エレン・ヤングの息子として生まれた。
トルーマンが6歳の時、彼の親はミズーリ州インディペンデンスに引っ越した。
そこで人格形成の時期の大部分を費やした。
1901年に高校を卒業し、その後銀行の事務職に就いたが、1906年に父親を手伝うために就農した。

Harry S. Truman (1884年〜1972年) 第33代アメリカ大統領(在任1945年〜1953年) 所属:民主党 フランクリン・ルーズベルト大統領の急死により大統領に昇格。 太平洋戦争早期終結の為に広島・長崎への原爆投下を決めた。 戦後はソ連封じ込め政策の為のプランを作成、強硬に推し進めた。 (引用元 Hatena Keyword)