芸能人・経営者のおくやみ情報

セシル・デイ=ルイス 氏Cecil Day-Lewis

詩人作家[イギリス]

1972年 5月22日 死去享年69歳

セシル・デイ=ルイス(Cecil Day-Lewis, 大英帝国勲章 CBE, 1904年4月27日 - 1972年5月22日)はイギリスの詩人・作家・推理作家である。
1967年から1972年までイギリスの桂冠詩人。
別名ニコラス・ブレイク(Nicholas Blake)。
息子は俳優のダニエル・デイ=ルイス。
詩人のオリヴァー・ゴールドスミスは母方の傍系の親類にあたるBussacco, Michael C."Heritage Press Sandglass Companion Book: 1960-1983"p.335。

1904年アイルランドの牧師の家に生まれる。
一家はまもなくロンドンに移住した。
オックスフォード大学ウォダムカレッジ在学中にW・H・オーデンと出会い、生涯の友となった。
在学中から詩作の才能を示し、卒業後は教師として働いた。
1925年に発表した詩集”Beechen Vigil”で詩人としての地位を確立し以後多くの詩を発表して高い評価を得ることとなる。
第二次世界大戦中は政府の情報部に勤め、戦後は母校の教授に迎えられた。
1967年にはジョン・メイスフィールドの死去に伴ってイギリスの詩人としては最高の地位である桂冠詩人に任命された。
1972年アイルランドで死去。

「セシル・デイ=ルイス」と関連する人物(故人)