芸能人・経営者のおくやみ情報

南都雄二 氏(なんとゆうじ)

漫才師俳優[日本]

1973年 3月19日 死去享年50歳

南都雄二 - ウィキペディアより引用

南都 雄二(なんと ゆうじ、本名:吉村 朝治(よしむら ちょうじ)、1924年4月26日 - 1973年3月19日)は上方の漫才師、俳優。
大阪市の生まれ。
大阪電機学校卒業。
愛称は「雄さん」。
夜遊び、夜の豪遊は語り草になっており「キタの雄二(南都雄二)かミナミのまこと(藤田まこと)、東西南北藤山寛美」といわれるほどであった。
生涯・来歴 1941年に大阪電機学校卒業、戦後、大阪中央郵便局の電気係りを経て、三遊亭柳枝の柳枝劇団に参加し照明部で裏方をしていた、その後ミヤコ蝶々の弟子となり鈴夫と名乗る。
1947年に柳枝と離婚した蝶々と結婚し、1948年、柳家三亀松の改名の提案で「蝶々・鈴夫改め上方トンボ」として夫婦漫才コンビを結成。
後に夢路いとしに相談して南都雄二に改名。
1952年、秋田實・小林一三の宝塚新芸座に参加し、夢路いとし・喜味こいしや秋田Aスケ・Bスケ、笑福亭松之助らと舞台俳優としても活躍する。
その後、「漫才学校」「夫婦善哉」(いずれもABCラジオ)の司会などで「男前の雄さん」として人気者となる。

  • 題名
    東西お笑いベスト漫才1
    歌手
    オムニバス
    発売元
    日本コロムビア
    演奏時間
    76分
    発売日
    2012年3月28日
    新品価格
    ¥ 1,988
    中古商品
    ¥ 1,365 より

漫才師・俳優 本名:吉村朝治 旧芸名:鈴夫、上方トンボ 誕生日:1907年4月26日 出身地:東京都 元々はミヤコ蝶々の弟子。芸名の「南都雄二」は、漢字のあまり読めないミヤコ蝶々がしばしば「何と言う字?」と南都に聞いていたことから命名されたとされる。 1947年、ミヤコ蝶々と結婚(ミヤコ蝶々は再婚)するも1958年に離婚。 1950〜60年代にかけて宝塚映画や大映、東映などの映画に数多く出演。 1955年、ラジオ番組出演をきっかけに、テレビで「夫婦善哉」の放送が始まり人気となる。 1973年3月19日、死去。48歳。 2007年、第11回「上方演芸の殿堂入り」(大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方))にミヤコ蝶々とともに選出された。 (引用元 Hatena Keyword)