芸能人・経営者のおくやみ情報

オーエン・リチャードソン 氏Owen Willans Richardson

物理学者[イギリス]

1959年 2月15日 死去享年81歳

オーエン・リチャードソン - ウィキペディアより引用

オーエン・リチャードソン(Owen Willans Richardson、1879年4月26日 - 1959年2月15日)はイギリスの物理学者である。
1928年熱電子現象の研究によりノーベル物理学賞を受賞している。
ヨークシャーのデューズベリー生まれ。
ケンブリッジ大学のトリニティ・カレッジで学び、1906年から1913年までプリンストン大学の教授を務めた。
その後イギリスに戻り、1914年から1944年までキングス・カレッジ・ロンドンの教授を務めた。
1913年王立協会フェロー選出。
同協会から1920年ヒューズ・メダル、1930年ロイヤル・メダル受賞。
リチャードソン=ダッシュマンの式 リチャードソン=ダッシュマンの式は金属の熱電子放出による電流密度 J (A/m2)が温度の関数であることを示すもので J = A T^2 e^{-W \over k T} ここで Tは 金属の温度 Wは 仕事関数 、 kはボルツマン定数でありAはリチャードソン定数である。

「オーエン・リチャードソン」と関連する人物(故人)