芸能人・経営者のおくやみ情報

エドモン・ロスタンEdmond Eugène Alexis Rostand

作家[フランス]

1918年 12月2日 死去享年51歳

エドモン・ロスタン - ウィキペディアより引用

エドモン・ウジェーヌ・アレクシ・ロスタン(Edmond Eugène Alexis Rostand、1868年4月1日 - 1918年12月2日)は、フランスの韻文の劇作家。
戯曲『シラノ・ド・ベルジュラック』の作者として、特に知られる。
アカデミー・フランセーズ会員。
生涯 1868年、マルセイユの豪商の家に生まれ、1870年の普仏戦争から翌年のパリ・コミューンに至る騒擾を、家族ぐるみ、ピレネーの山ふところのルションに避ける。
パリのスタニスラス高等学校(Collège Stanislas de Paris)、ついでパリ大学に学び、弁護士・外交官など将来に迷いながら、ルコント・ド・リール、ジュール・ルナールらの文人と交わる。
1888年に最初の戯曲『赤い手袋』をクリュニー座(Théâtre de Cluny))で上演して、不評。
1890年に、詩集『手すさび』を私費出版。
その年、2歳年長の詩人ロズモンド・ジェラール(Rosemonde Gérard)と結婚。
そのときの代父はルコント・ド・リール、後見人は、アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils)であった。