芸能人・経営者のおくやみ情報

バルテュス 氏Balthus

画家[フランス]

2001年 2月18日 死去享年94歳

バルテュス - ウィキペディアより引用

バルテュス(Balthus, 1908年2月29日 - 2001年2月18日)は、フランスの画家。
本名はバルタザール・ミシェル・クロソウスキー・ド・ローラ (Balthasar Michel Klossowski de Rola) 。
ピカソはバルテュスを「二十世紀最後の巨匠」と称えている。
父親・ローラ紋章のエリク・クウォソフスキ(ドイツ語: Erich Klossowski, von Rola-Kłossowski, ポーランド語: Eryk Kłossowski h(erbu). Rola)は東プロイセン・ラグニットのシュラフタ(ポーランド貴族)で、母親エリーザベト・シュピーロ(Elisabeth Dorothea Spiro)はノヴゴロドに起源をもつブレスラウ(ヴロツワフ)生まれのロシア・ユダヤ人。

Balthus [生]1908.2.29.フランス,パリ[没]2001.2.18.スイス,ロシニエールフランスの画家。本名BalthazarKlossowski。20世紀を代表する具象画家で,街の風景,画家仲間の肖像,エロティックな少女像などで知られる。ポーランド人の芸術家夫妻の息子として生まれた。おおむね独学で画家になり,古典美術の巨匠,ピエロ・デラ・フランチェスカやニコラ・プーサンの影響を受けた。16歳でネコを描いた画集『ミツ』Mitsouを出版,母の友人であるドイツの作家で詩人のライナー・マリーア・リルケが序文を寄せた。1924年パリに移り,1934年に同地で初の個展を開催。1938~77年にニューヨークのピエール・マティス・ギャラリーで8回,1956年ニューヨーク近代美術館MOMAで個展を開催。1961~77年ローマのフランスアカデミー館長を務め,その間に日本人アーティスト出田節子と再婚する。1983年にジョルジュ・ポンピドー国立芸術文化センター,翌1984年にMOMAで大回顧展が開催された。1977年からスイスに住み,創作を続けた。代表作には,年上の女性の膝に少女が横たわる『ギター・レッスン』(1934),徹底した写実に幻想を織り交ぜた『山』(1937)など。 (引用元 コトバンク)