芸能人・経営者のおくやみ情報

ミシェル・フーコー 氏

哲学者[フランス]

1984年 6月25日 死去エイズ享年58歳

ミシェル・フーコー(フコ)(Michel Foucault 発音例、1926年10月15日 - 1984年6月25日)は、フランスの哲学者。
『言葉と物』(1966)は当初「構造主義の考古学」の副題がついていたことから、当時流行していた構造主義の書として読まれ、構造主義の旗手とされた。
フーコー自身は自分が構造主義者であると思っていたことはなく、むしろ構造主義を厳しく批判したため、のちにポスト構造主義者に分類されるようになる。
代表作はその他、『狂気の歴史』『監獄の誕生』『性の歴史』など。
生涯 年表 1926年 ポワティエ市にて出生 1943年 バカロレア(大学入学資格試験)に合格 1946年 高等師範学校(Ecole Normale Supérieure)入学 1948年 哲学学士号取得、自殺未遂事件 1950年 大学教員資格試験に失敗、再び自殺未遂事件、フランス共産党に入党 1951年 大学教員資格試験に合格 1952年~ 1955年 高等師範学校の復習教師、ついでリール大学の助手(心理学)に採用 1955年~ 1958年 スウェーデンのウプサラ にてフランス会館館長に着任、その後、ウプサラ大学図書館の医学文庫に通って博士論文『狂気と非理性』(『狂気の歴史』の原形)を著す 1966年 『言葉と物』出版、ベストセラーとなる 1969年 ヴァンセンヌ実験大学の哲学教授に就任 1970年 コレージュ・ド・フランス教授に就任 1975年 『監獄の誕生』を出版 1984年 後天性免疫不全症候群(AIDS)にて逝去 1926年10月15日、ポワティエ市にて、外科医の父ポール・フーコーと母アンヌの間に生まれた。