芸能人・経営者のおくやみ情報

キース・ヘリング 氏Keith Haring

画家[アメリカ]

1990年 2月16日 死去エイズ享年33歳

キース・ヘリング - ウィキペディアより引用

キース・ヘリング(Keith Haring、1958年5月4日 - 1990年2月16日)は、アメリカの画家である。
ペンシルベニア州レディング生まれ。
ストリートアートの先駆者とも呼べる画家で、1980年代アメリカの代表的芸術家として知られる。
シンプルな線と色とで構成された彼の絵は日本でも人気があり、キースの作品をプリントしたTシャツがユニクロやスポルディング (スポーツ用品)等から販売されることもあって広く知られている。
1980年にニューヨークの地下鉄構内で使用されていない広告掲示板に黒い紙を張り、その上にチョークで絵を描くというサブウェイ・ドローイングと呼ばれる活動を始めた。
そのシンプルな線でリズミカルに書かれた絵はニューヨークの通勤客の間で評判となり、キースの名が知られるようになった。
グレイトフル・デッドのファンである、デッドヘッズでもあった。
ニューヨークの画商トニー・シャフラジの支持もあって、数回の個展を開催して知名度を上げる。
その後、ニューヨークのマンハッタン、シドニー、メルボルン、リオデジャネイロ、アムステルダム、パリなどで壁画を製作するなど公共空間での活動を多く行なった。

「キース・ヘリング」と関連する人物(故人)