芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール・ジョゼフ・プルードンPierre Joseph Proudhon

無政府主義者[フランス]

1865年 1月19日 死去享年57歳

ピエール・ジョゼフ・プルードン - ウィキペディアより引用

ピエール・ジョセフ・プルードン(Pierre Joseph Proudhon フランス語: [pjɛʁ ʒɔzɛf pʁudɔ̃];1809年1月15日-1865年1月19日)は、フランスの社会主義者、無政府主義者。
無政府主義の父と言われる。
生涯 ブザンソン郊外のムイエールと呼ばれるところで生まれた。
父は醸造職人・樽製造職人をしていた。
8歳頃から宿屋の食糧係として働きはじめ、コレージュの6年生に通学生として編入された。
仕事のために授業を時々休み、教科書を筆写したり街の図書館に通ったりとほぼ独学の状態で、学業を完全に終了することはなかった。
19歳から自分で生計を立てねばならず、ブザンソンの印刷所に校正係として就業した。
この時期、教会用のラテン語訳聖書の校正をしているうちに広汎な神学の知識を身につけヘブライ語を覚えてしまったという。
言語学も独学し、1837年に最初の著作『一般文法論』を自費出版し、これによりシュアール年金という奨学金を受け、3年間パリを遊学する。