芸能人・経営者のおくやみ情報

吉田兼見(よしだかねみ)

京都吉田神社神主[日本]

(慶長15年8月20日歿)

1610年 10月6日 死去享年76歳

吉田兼見 - ウィキペディアより引用

吉田 兼見(よしだ かねみ、天文 (元号) 天文4年(1535年) - 慶長15年8月20日 (旧暦) 8月20日(1610年10月6日))は、堂上家(家格は半家 (公家) 半家、卜部氏)である吉田家の9代当主(卜部氏25代)。
戦国時代 (日本) 戦国時代の京都の吉田神社神主の神道家で、『兼見卿記』の著者。
細川幽斎 細川藤孝(幽斎)の従兄弟にあたる。

神祇大副兼右兵衛督・吉田兼右の子。
吉田兼治の父。
萩原兼従は孫で猶子。
はじめの名は兼和で、天正14年(1586年)に兼見に改名した。
官途は、従二位・神祇大副・左衛門督。

織田信長や明智光秀と親密であり、比叡山焼き討ち (1571年) 比叡山焼き討ちのとき延暦寺を焼く事に不安を抱いた信長が相談に訪れたとされる。
また、本能寺の変の時は、明智光秀に会いに行き、銀50枚をもらったという。
後に豊臣秀吉 羽柴秀吉にそのことを指摘され、その銀50枚を秀吉に差し出した。

よしだ-かねみ 1535-1610戦国-江戸時代前期の神道家。天文(てんぶん)4年生まれ。吉田兼右(かねみぎ)の長男。梵舜(ぼんしゅん)の兄。京都吉田神社の祠官。天正(てんしょう)18年神祇官(じんぎかん)八神殿を吉田神社境内の斎場に再興する許しを得,以後吉田家が神祇官代として神祇官の祭祀(さいし)の一部を代行することになった。慶長15年9月2日死去。76歳。初名は兼和。著作に「神道大意」,日記に「兼見卿記」。 (引用元 コトバンク)