芸能人・経営者のおくやみ情報

ピエール・ブーレーズ 氏Pierre Boulez

作曲家指揮者[フランス]

2016年 1月5日 死去享年92歳

ピエール・ブーレーズ - ウィキペディアより引用

ピエール・ブーレーズ(ブレーズ、ブゥレーズとも表記される。
前の長音は後ろの長音の半分の長さであると本人は語っている Pierre Boulezの発音例)(Pierre Boulez、1925年3月26日 - 2016年1月5日)は、フランスの作曲家および指揮者。
パリ国立高等音楽院でアンドレ・ヴォラブール(アルテュール・オネゲルの妻)とオリヴィエ・メシアンに対位法や作曲を師事するが中退し、ルネ・レイボヴィッツ(レボヴィツ、レボヴィス)にセリアリスムを学ぶ。
作曲の弟子にはバーゼルの音楽大学で教えたハインツ・ホリガーがいる。
ダルムシュタット夏季現代音楽講習会でその初期から活躍し注目される。
シュトックハウゼンと共鳴するが、ノーノとは鋭く対立している。
初期にはヴェーベルンの極小セリー形式から出発。
シェーンベルクの音楽に対しては次第に批判的となる。
また、後にはドビュッシーやストラヴィンスキーの再評価に務めた。
詩人では最初にルネ・シャールを取り上げるが、後にはステファヌ・マラルメによる作品を書き、指揮活動としても徐々に前の時代の作曲家へと遡って評価する姿勢が見られる。

Pierre Boulez 作曲家/指揮者/著述家。 1925年、フランス モンブリゾンのエンジニアの家系に生まれた。 パリ国立高等音楽院で、オリヴィエ・メシアンや、シェーンベルク派の音楽理論家としても知られるルネ・レイボヴィッツに師事した若き日は、シェーンベルクら新ウィーン楽派が、12の音でなりたつ音列(セリー)で、音楽のシステム化を試みた「12音技法」を、さらに突き詰め、リズムなどにいたるまでを音楽のすべての要素を精緻に統括する「トータル・セリエリスム」を完成。セリエリスムに対する、作曲の創造性はどこにあるのか?という美学的な反論には、音列の選択の自由という豊かな自由があるではないか、と弁明した。 また、当時のブーレーズは、現在とは比較にもならぬほど、強硬な姿勢をもった音楽家で、そのほかの様式をそなえた音楽のありかたを認めず、退廃したブルジョワに愛されるロマン派くずれとして、シェーンベルクの弟子であるところのアルバン・ベルクをも批判し、「オペラ座を燃やせ」などに代表される、伝統的なクラシック音楽のあり方への批判を、逆説に富んだ強烈なアジテーションで表現し、さらにシュトックハウゼン達とドイツのダルムシュタットで夏期に開催されている、前衛音楽の講習会で熱弁をふるった。 また、早くから音楽団体「ドメーヌ・ミュジカル(1954〜)」を主催し、自作をはじめ、自身の音楽的な理想を表現することにも関心をしめし、1958年からはバーデン・バーデンの南西ドイツ放送交響楽団と活動を始めると、クリーヴランド管、BBC響、そして抜群の「耳のよさ」を買われて、ニューヨー …… (引用元 Hatena Keyword)