芸能人・経営者のおくやみ情報

フランシス・プーランク 氏Francis Jean Marcel Poulenc

作曲家[フランス]

1963年 1月30日 死去享年65歳

フランシス・プーランク - ウィキペディアより引用

フランシス・ジャン・マルセル・プーランク(プランク)(Francis Jean Marcel Poulenc [fʁɑ̃sis ʒɑ̃ maʁsɛl pulɛ̃k] 発音例,1899年1月7日-1963年1月30日)は、フランスの作曲家。
フランス6人組の一人。
声楽、室内音楽、宗教的楽劇、オペラ、バレエ音楽、オーケストラ音楽を含むあらゆる主要な音楽ジャンルの楽曲を作曲している。
その作風から、1950年7月のパリのプレス紙において評論家のクロード・ロスタンから「ガキ大将と聖職者が同居している」と評された。
来歴・人物 1899年にパリの裕福な家庭に生まれる。
両親は敬虔なカトリック教徒であった(父エミールは、叔父のカミーユと共に製薬会社プーラン社の創設者)。
5歳の頃から母親からピアノの手ほどきを受け、1914年(15歳)からはスペイン出身の名ピアニスト、リカルド・ビニェス(ドビュッシーやラヴェルのピアノ曲の初演を数多く手がけた)にピアノを師事し、多大な影響を受ける。