芸能人・経営者のおくやみ情報

グレゴリウス13世Gregorius XIII

ローマ教皇[イタリア]

(現在世界標準となっているグレゴリオ暦を採用)

1585年 4月10日 死去享年84歳

グレゴリウス13世 - ウィキペディアより引用

『グレゴリウス13世 (ローマ教皇)』より : グレゴリウス13世(Gregorius XIII,1502年1月7日 - 1585年4月10日)は、第226代ローマ教皇(在位:1572年 - 1585年)。
本名はウーゴ・ブオンコンパーニ(Ugo Buoncompagni)。
学問を好み、奨励したことで知られ、その治世にずれが累積していたユリウス暦を廃し、グレゴリオ暦とよばれる新暦を採用したことでも有名。
教皇登位まで ウーゴはボローニャ生まれ。
地元の名門ボローニャ大学で法学を修め、1530年に学位を得た。
その後、同大学で法学の教官として教壇に立っていた。
生徒の中にはカルロ・ボッロメーオやアレッサンドロ・ファルネーゼなどがいた。
36歳にして教皇パウルス3世によってローマへ招かれ、教会法関係の業務についた。
枢機卿にあげられたのは教皇ピウス4世の時代であり、トリエント公会議にも参加している。
治世 教会改革とグレゴリウス暦の採用 1572年5月、教皇ピウス5世の死去を受けておこなわれたコンクラーヴェにおいてボンコンパーニ枢機卿が新教皇に選ばれ、グレゴリウス13世を名乗った。

グレゴリウスじゅうさんせいGregoriusXIII [生]1502.7.7.ボローニャ[没]1585.4.10.ローマイタリア人教皇(在位1572~85)。本名UgoBuoncompagni。1565年枢機卿。トリエント公会議の法令に従って,教会改革と対抗宗教改革に尽力。聖職者養成のためにイエズス会による神学校を各地に創立,ローマに多くの大神学校を建て,イグナチウス・デ・ロヨラの創建になるゲルマニクム学寮,グレゴリアン大学の基礎を確立した。82年ユリウス暦をグレゴリオ暦に変えた。教会政治の面では,サン・バルトロメオの祭日の虐殺や,エリザベス1世に対するアイルランドの反乱を支援したことで非難されている。東洋布教に尽力し,天正使節団を歓迎した。 (引用元 コトバンク)