芸能人・経営者のおくやみ情報

エルンスト・ルスカ 氏Ernst August Friedrich Ruska

物理学者[西ドイツ]

1988年 5月27日 死去享年83歳

エルンスト・ルスカ(Ernst August Friedrich Ruska、1906年12月25日 - 1988年5月27日)はドイツの物理学者。
1986年電子顕微鏡の基礎研究と開発の業績でノーベル物理学賞を受賞した。
ハイデルベルクで生まれた。
ミュンヘン工科大学を卒業した後、ベルリン工科大学に進み、マックス・クノールと1931年電子顕微鏡を製作した。
1937年から1955年までジーメンス・ハルスケ社で働き、その後1972年までフリッツ・ハーバー研究所の所長となった。
またベルリン自由大学、ベルリン工科大学の教授を歴任した。
1986年ノーベル物理学賞を受賞した。
賞 1960年:アルバート・ラスカー基礎医学研究賞 1986年:ノーベル物理学賞 外部リンク Ernst Ruska Homepage of the Ruska family。