芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原義江 氏(ふじわらよしえ)

オペラ歌手声楽家[日本]

1976年 3月22日 死去享年79歳

藤原義江 - ウィキペディアより引用

藤原 義江(ふじわら よしえ、1898年(明治31年)12月5日 - 1976年(昭和51年)3月22日)は、日本の男性オペラ歌手、声楽家(テノール(テナー))。
愛称は吾等のテナー(われら―)。
戦前から戦後にかけて活躍した世界的オペラ歌手であり、藤原歌劇団の創設者。
父親がスコットランド人で母親が日本人のハーフ(混血)。
大阪府生まれ。
生涯 流浪時代 1898年(明治31年)、山口県下関市で貿易商(ホーム・リンガー商会)を営んでいた28歳のスコットランド人、ネール・ブロディ・リードと、同地で活動していた23歳の琵琶芸者、坂田キクとの間に大阪で生まれた。
出生地・大阪は母キクの実家であったが、リードから手切れ金あるいは認知料の類を受け取ることもなかったキクは、その後、九州各地を転々とする。
義江が7歳程の時、現在の大分県杵築市の芸者置屋業、藤原徳三郎に認知してもらうことで「藤原」という姓を得、またはじめて日本国籍を得ることとなった。

ふじわらよしえ [生]1898.12.5.下関[没]1976.3.22.東京テノール歌手。日本のオペラの開拓者。初めは戸山英次郎の芸名で浅草オペラに出演。1919年イタリアに留学し,のちに欧米各地のオペラに出演。山田耕筰の日本楽劇協会の歌劇運動に協力し,34年藤原歌劇団を創立し,主宰者,スター歌手として経済的困難と戦いつつ日本に歌劇を定着させるため活躍した。日本歌曲の演奏者紹介の功績も大きい。日本芸術院賞,毎日音楽賞などを受賞。 (引用元 コトバンク)