芸能人・経営者のおくやみ情報

ニルス・グスタフ・ダレーンNils Gustaf Dalén

エンジニア、発明家[スウェーデン]

1937年 12月9日 死去享年69歳

ニルス・グスタフ・ダレーン - ウィキペディアより引用

ニルス・グスタフ・ダレーン(Nils Gustaf Dalén、1869年11月30日 - 1937年12月9日)は、スウェーデンのエンジニア、企業家である。
スウェーデンのAGA社の創業当時からの一員であり、ダレーン式灯台やAGAクッカー(オーブンの一種)などを発明した。
1912年には「灯台や灯浮標(ブイ)などの照明用ガス貯蔵器用の自動調節機の発明」でノーベル物理学賞を受賞した。
生涯 前半生 スウェーデン、ヴェストラ・イェータランド県の小さな村ステンストルプに生まれた。
実家は農場を経営しており、ダレーンはそれを拡張して種や日用品を売る市場を開設した。
1892年、牛乳の乳脂肪分を調べる装置を発明し、ストックホルムに行ってそれをグスタフ・ド・ラバルに見せた。
ド・ラバルは独学でそれを発明したダレーンに感心し、技術教育を受けるよう勧めた。
ダレーンはチャルマース工科大学に入学し、1896年には博士号を取得した。
卒業後1年間、ダレーンはチューリッヒ工科大学の Aurel Stodola に師事した。