芸能人・経営者のおくやみ情報

柏戸剛 氏(かしわどつよし)

相撲力士・第47代横綱[日本]

1996年 12月8日 死去享年59歳

柏戸剛 - ウィキペディアより引用

柏戸 剛(かしわど つよし、1938年11月29日 - 1996年12月8日)は、山形県東田川郡山添村(現・鶴岡市)出身の元大相撲力士。
第47代横綱。
本名は富樫 剛(とがし つよし)。
誕生~入門 1938年に山形県で果樹園などを経営する豪農の次男として生まれた。
小学生からのちに活躍する相撲を始め、バスケットボールやサッカー、陸上競技などで万能選手として活躍し、中学校に入学した時には既に身長が180cmに達していた。
県内でも有数の進学校である山形県立鶴岡南高等学校に進学するが、子供の頃から特に好きだった相撲を続けるうちに東田川郡大会で活躍したところ、噂を聞きつけた伊勢ノ海から熱心にスカウトされた。
しかし、実家の跡取りとして育てられていたことから両親に頑なに反対された。
そこで伊勢ノ海から「東京見物」の名目で実家から連れ出され、軽い気持ちで伊勢ノ海部屋へ連れて行かれた挙句に幕下力士を相手に相撲を取ったところ、兄弟子に対してかなりの強味を見せたので自信が出て、さらに熱心なスカウトを受けたので入門を決意した。

かしわどつよし [生]1938.11.29.山形[没]1996.12.8.東京第47代横綱。本名富樫剛。1954年9月初土俵。1958年9月初入幕。1961年9月場所後,ライバルの大鵬(→大鵬幸喜)とともに横綱に昇進。昭和30年代後半に「柏鵬時代」といわれる相撲の黄金時代を築き上げた。大鵬の相撲が相手と四つに組んで守りながら攻めるのに対して,柏戸は立つと同時に相手の前まわしを取って一気に押していく豪快な相撲であった。引退後,年寄鏡山を襲名。鏡山部屋を起こす。 (引用元 コトバンク)