芸能人・経営者のおくやみ情報

幸田文 氏(こうだあや)

作家、随筆家[日本]

1990年 10月31日 死去心不全享年87歳

幸田文 - ウィキペディアより引用

幸田 文(こうだ あや、1904年(明治37)9月1日 - 1990年(平成2年)10月31日)は、日本の随筆家・小説家、日本藝術院会員。
作家の幸田露伴、母幾美(きみ)の次女として東京府南葛飾郡寺島村(現在の東京都墨田区東向島)に生まれる。
1910年、5歳のとき母を、のち1912年、8歳のとき姉の歌を失う。
1912年に露伴が児玉八代(やよ)と再婚。
1917年に寺島小学校を卒業。
東京女子高等師範学校受験に失敗するが、八代のつてにより女子学院に入学。
その年の夏休みから露伴による生活技術の教育を受けるようになる。
1926年、22歳のときに弟の成豊(しげとよ)も失う。
1928年、24歳で清酒問屋三橋家の三男幾之助と結婚し翌年娘の玉(青木玉)が生まれる。
しかし、結婚から8年後、家業が傾き廃業。
1936年、築地で会員制小売り酒屋を営むも1938年に離婚、娘の玉を連れ父のもとに戻る。
戦時中には、露伴の生活物資の確保のために働き(その一端は青木玉の回想記『小石川の家』(講談社のち文庫化)に詳述されている)、少女時代から露伴にしこまれた生活技術を実践していった。

  • 題名
    おとうと [VHS]
    監督
    出演俳優
    1. 斎藤由貴
    2. 木村拓哉
    3. 香山美子
    4. 中条静夫
    5. 鈴木ヒロミツ
    発売元
    ビクターエンタテインメント
    発売日
    1997年9月26日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 3,580 より
  • 題名
    流れる (新潮文庫)
    著者
    幸田文
    発売元
    新潮社
    発売日
    1957-12-27
    新品価格
    ¥ 562 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    きもの (新潮文庫)
    著者
    幸田文
    発売元
    新潮社
    発売日
    1996-11-29
    新品価格
    ¥ 724 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    父・こんなこと (新潮文庫)
    著者
    幸田文
    発売元
    新潮社
    発売日
    1967-01-01
    新品価格
    ¥ 464 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    台所のおと (講談社文庫)
    著者
    幸田文
    発売元
    講談社
    発売日
    1995-08-02
    新品価格
    ¥ 626 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    幸田文 きもの帖
    著者
    幸田文
    発売元
    平凡社
    発売日
    2009-04-07
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 305 より
  • 題名
    木 (新潮文庫)
    著者
    幸田文
    発売元
    新潮社
    発売日
    1995-11-30
    新品価格
    ¥ 432 より
    中古商品
    ¥ 1 より
  • 題名
    崩れ (講談社文庫)
    著者
    幸田文
    発売元
    講談社
    発売日
    1994-10-05
    新品価格
    ¥ 419 より
    中古商品
    ¥ 25 より
  • 題名
    幸田文 台所帖
    著者
    幸田文
    発売元
    平凡社
    発売日
    2009-03-05
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 181 より
  • 題名
    幸田文しつけ帖
    著者
    幸田文
    発売元
    平凡社
    発売日
    2009-02-05
    新品価格
    ¥ 1,728 より
    中古商品
    ¥ 24 より
  • 題名
    みそっかす (岩波文庫 緑 104-1)
    著者
    幸田文
    発売元
    岩波書店
    発売日
    1983-09-16
    新品価格
    ¥ 605 より
    中古商品
    ¥ 1 より

こうだあや [生]1904.9.1.東京[没]1990.10.31.東京小説家,随筆家。幸田露伴の次女。1922年女子学院卒業。28年結婚したが38年1女を連れて離婚,以後父露伴が没するまでそのかたわらにあって家政を担当した。父の死んだ47年追憶の記『雑記』『終焉』『葬送の記』を書いて清新直截な文体が認められ,『みそっかす』(1949),『こんなこと』(50)などの随筆を経て,小説『流れる』(55)を執筆,57年日本芸術院賞受賞。長編小説『おとうと』(56~57),短編集『黒い裾』(55)などがあり,『露伴の書簡』(51),『露伴小品』(52),『続露伴小品』(53),『露伴蝸牛庵歌文』(55),『露伴蝸牛庵語彙』(56)などを編集して露伴研究に寄与した功績も大きい。芸術院会員。 (引用元 コトバンク)