芸能人・経営者のおくやみ情報

箕作秋吉 氏

作曲家[日本]

1971年 5月10日 死去享年77歳

箕作 秋吉(みつくり しゅうきち、1895年10月21日 - 1971年5月10日)は、日本のクラシック音楽の作曲家である。
箕作元八の長男として東京都に生まれた。
箕作阮甫の曾孫にあたる。
東洋音楽大学教授。
1913年:誠之小学校を経て東京高等師範学校附属中学校(現・筑波大学附属中学校・高等学校)卒業。
1921年:第一高等学校を経て東京帝国大学工学部応用化学科を卒業。
ドイツのベルリンに留学し、ゲオルク・シューマンに和声法を師事。
カイザー・ヴィルヘルム化学・物理学研究所(現在のマックス・プランク研究所)で物理化学を研究する。
1925年:帰国して海軍技術研究所に勤める。
池譲に対位法を、池内友次郎にフーガを、ヨゼフ・ケーニヒに管弦楽法を、ヨーゼフ・ローゼンシュトックに指揮法を師事。
1930年:新興作曲家連盟を創設。
1939年:理学博士。
1945年:新興作曲家連盟を日本現代音楽協会に改組。
1954年:国際音楽評議会日本委員会書記長に就任。
主な作品 『二つの舞曲』(母校の第一高等学校に献呈した管弦楽曲) 組曲『亡き子に』(管弦楽と独唱のための組曲。

みつくり-しゅうきち 1895-1971昭和時代の作曲家。明治28年10月21日生まれ。箕作元八の長男。化学者で,海軍技術研究所に勤務。ドイツ留学のとき,ゲオルク=シューマンに和声法をまなび,帰国後池内友次郎らに師事。昭和5年新興作曲家連盟を創立,21年日本現代音楽協会として再建した。東洋の和声体系を研究し,代表曲に「芭蕉(ばしょう)紀行集」。昭和46年5月10日死去。75歳。東京出身。東京帝大卒。 (引用元 コトバンク)