芸能人・経営者のおくやみ情報

高田稔 氏

俳優[日本]

1977年 12月27日 死去享年79歳

高田稔 - ウィキペディアより引用

高田 稔(たかだ みのる、1899年(明治32年)12月20日 - 1977年(昭和52年)12月27日)は、大正・昭和期の俳優である。
日本映画の創成期の1924年から戦後の1971年まで長期間第一線で活躍した二枚目スターである。
妻は女優の光喜三子。
1899年(明治32年)12月20日、秋田県雄勝郡東成瀬村に、旧藩の御殿医者の息子として生まれる。
東洋音楽学校(現・東京音楽大学)を中退し、1918年(大正7年)、当時の人気オペラ歌手石井漠の一座に入り、「高田昇」の芸名で浅草オペラの舞台に立つ。
1924年(大正13年)、帝国キネマに入社。
『大盗伝』に出演した後、何本かの映画に端役で出演。
その後、東亜キネマに移り、日活・松竹と共作になった『大地は微笑む』に主演。
1929年(昭和4年)、松竹に移籍。
岩田祐吉らに代わる二枚目俳優として起用される。
栗島すみ子・田中絹代らと共演し、鈴木傳明・岡田時彦と並んで松竹現代劇を支えるスターとなる。
1931年(昭和6年)9月、鈴木・岡田と松竹を脱退し、「不二映画社」を設立する。

たかだ-みのる 1899-1977大正-昭和時代の映画俳優。明治32年12月20日生まれ。浅草オペラなどをへて,昭和4年松竹蒲田に入社。「大学は出たけれど」などに出演,岡田時彦,鈴木伝明とともに松竹三羽烏といわれた。その後「月よりの使者」「良人の貞操」などで主役として活躍,戦後はわき役に転じた。昭和52年12月27日死去。78歳。秋田県出身。東洋音楽学校(現東京音大)中退。本名は昇。 (引用元 コトバンク)