芸能人・経営者のおくやみ情報

アルチュール・ランボー

詩人[フランス]

1891年 11月10日 死去享年38歳

アルチュール・ランボー - ウィキペディアより引用

ジャン・ニコラ・アルチュール・ランボー(フランス語: Jean Nicolas Arthur Rimbaud, 1854年10月20日 - 1891年11月10日)は19世紀のフランスの詩人、貿易商人。
象徴主義の代表的な詩人である。
ランボオとも表記される。
主な作品に散文詩集『地獄の季節』『イリュミナシオン』など。
生涯 1854年、フランス北東部アルデンヌ県シャルルヴィル(現在のシャルルヴィル=メジエール市)に生まれる。
父は陸軍の軍人、母は小さな農地主の長女。
ランボーは2人目の子で、2男であった。
1870年、家出。
普仏戦争下のパリへ辿り着くが、無賃乗車のために逮捕され、家に送り返される。
以後、家出を繰り返す。
1871年、パリへやって来る。
ヴェルレーヌに出会う。
以後、共にブリュッセル、ロンドンなどを放浪する。
ヴェルレーヌは妻子を捨てての放浪だった。
1873年、ヴェルレーヌとの別れ。
ヴェルレーヌはランボーに拳銃を2発発砲、うち1発がランボーの左手首に当り、ランボーは入院、ヴェルレーヌは逮捕される。

  • 題名
    ランボー全詩集 (ちくま文庫)
    著者
    アルチュールランボー
    発売元
    筑摩書房
    ページ数
    489ページ
    発売日
    1996-03-01
    新品価格
    ¥ 1,296
    中古商品
    ¥ 627 より
  • 題名
    著者
    ジャン・ニコラ・アルチュールランボー
    発売元
    ページ数
    112ページ
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    著者
    アルチュール・ランボー
    発売元
    みすず書房
    ページ数
    592ページ
    発売日
    2011-09-02
    新品価格
    ¥ 6,480
    中古商品
    ¥ 5,000 より
  • 題名
    著者
    アルチュール・ランボー
    発売元
    河出書房新社
    ページ数
    544ページ
    発売日
    2010-02-04
    新品価格
    ¥ 1,188
    中古商品
    ¥ 202 より
  • 題名
    著者
    ジャン=リュックステンメッツ
    発売元
    水声社
    ページ数
    620ページ
    発売日
    1999-10
    新品価格
    ¥ 15,586
    中古商品
    ¥ 5,650 より
  • 題名
    著者
    アルチュールランボー
    発売元
    京都書院
    ページ数
    79ページ
    発売日
    1988-10
    新品価格
    中古商品
    ¥ 3,000 より
  • 題名
    著者
    アルチュールランボー
    発売元
    思潮社
    ページ数
    161ページ
    発売日
    1992-11
    新品価格
    中古商品
    ¥ 3,541 より
  • 題名
    著者
    ジャン・ニコラ・アルチュールランボー
    発売元
    ページ数
    17ページ
    発売日
    2012-09-13
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    著者
    アルチュール・ランボー
    発売元
    河出書房新社
    ページ数
    326ページ
    発売日
    2010-02-04
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    著者
    アルチュール・ランボー
    発売元
    グーテンベルク21
    ページ数
    139ページ
    発売日
    2013-03-29
    新品価格
    中古商品
  • 題名
    歌手
    オムニバス
    発売元
    ソニー・ミュージックレコーズ
    演奏時間
    69分
    発売日
    1992年10月15日
    新品価格
    中古商品
    ¥ 827 より

フランスの詩人。Arthur Rimbaud(1854-1891) 主な作品に、『地獄の季節』、『イリュミナシオン』など。 19世紀、フランスの天才詩人。 詩を志す人間は、必ずこの詩人にぶち当たると言われている。 20世紀の文学界に多大な影響を与えた。 反逆的、或いは、破滅的なイメージがある所為か、保守的な人物には、好まれない傾向もある。 →ランボー (引用元 Hatena Keyword)