芸能人・経営者のおくやみ情報

黒田清 氏

ジャーナリスト[日本]

2000年 7月23日 死去膵臓がん享年70歳

黒田 清(くろだ きよし、1931年2月15日 - 2000年7月23日)は、日本のジャーナリスト、元読売新聞記者。
兄は神戸大学名誉教授の黒田健二郎。
大阪府大阪市北区天満出身、天満橋北詰の天満市場前で、製粉工場を経営する父と母の9人兄弟の末っ子として生まれた。
旧制大阪府立高津中学校卒業、旧制第四高等学校(現・金沢大学)、京都大学経済学部卒業。
1952年12月、大阪進出直後の大阪読売新聞社に新卒1期生として入社。
遊軍記者からスタートし、社会畑を歩み、1976年に社会部部長就任。
以後、この社会部チームの記者は在京のメディアから「新しい新聞記者集団」として「黒田軍団」と名付けられ注目を集めた。
読売新聞大阪社会部として、1984年には「警官汚職」で日本ノンフィクション賞、1985年に「戦争」で菊池寛賞をそれぞれ獲得。
読売新聞の論調が、当時論説委員長のポストであった渡邉恒雄の主導により東京読売は保守・右派であるが、大阪読売では黒田のスタンスである反権力、反差別、革新・左派色が強く、会社のカラーが合わなくなって来た為、1984年には黒田を干すために編集局次長専任へ異動となり、コラムである「窓」のみしか仕事が無くなった。

くろだ-きよし 1931-2000昭和後期-平成時代のジャーナリスト。昭和6年2月15日生まれ。昭和27年読売新聞大阪本社に入社。社会部長をへて編集局次長。コラム「窓」を執筆,大型連載「戦争」を手がけたほか,黒田軍団とよばれる社会部をひきいておおくのスクープをものにした。61年退社して黒田ジャーナルを設立し,「窓友新聞」を発行。平成12年7月23日死去。69歳。大阪出身。京大卒。著作に「警官汚職」(共著),「新聞記者の現場」など。 (引用元 コトバンク)