芸能人・経営者のおくやみ情報

喜代三 氏

歌手、芸者[日本]

(別名義・新橋喜代三・中山嘉子など)

1963年 3月23日 死去胆管がん享年61歳

喜代三 - ウィキペディアより引用

キヨゾウ 職業歌手女優 本名中山嘉子 別名別名=新橋喜代三 生年月日明治36年10月12日 出生地鹿児島県種子島 学歴小学校中退 経歴大正5年家計のため芸者となり、台湾を経て鹿児島に戻り15年民謡小原節で名をあげる。昭和6年の「鹿児島小唄」が評判となり後の飯野海運社長俣野健輔の世話で東京・新橋からお披露目。ビクターから「小原節」を吹き込み、7年喜代三の名で「原良節」(キング)を発売。ポリドール専属となり新橋喜代三で「上野盆踊り唄」を発売。7年「わしゃ知らぬ」、9年「鹿児島小原節」がヒット。10年日活多摩川「青春音頭」に映画初出演、次いで日活京都「丹下左膳余話・百万両の壷」で大河内伝次郎と共演。「明治一代女」主題歌、「おでん地獄」、映画は「妻恋道中」など。12年作曲家・中山晋平と結婚、引退。戦後29年ビクター専属となり、本名・中山嘉子で「ひえつき節」などを発売。自伝「多情菩薩」がある。 没年月日昭和38年3月23日(1963年) 家族夫=中山晋平(作曲家) (引用元 コトバンク)