芸能人・経営者のおくやみ情報

辰野金吾(たつのきんご)

建築家[日本]

1919年 3月25日 死去享年66歳

辰野金吾 - ウィキペディアより引用

辰野 金吾 (たつの きんご、1854年10月13日〈嘉永7年8月22日〉- 1919年3月25日) は、日本の建築家である。
工部大学校(のちの帝国大学工科大学、現在の東京大学工学部)卒業。
工学博士、帝国大学工科大学学長、建築学会会長。
設計の頑丈さから「辰野堅固」と呼ばれた。
帝国大学では後進の指導にも励み、伊東忠太、長野宇平治、武田五一、中條精一郎、塚本靖、野口孫市、大沢三之助、関野貞らの人材を輩出した。
帝国大学総長渡邉洪基(渡辺洪基) の意向を受け、工手学校 (工学院大学) の創立(明治20年)を推進し、運営にも尽力した。
東大仏文科で小林秀雄、三好達治らを育てたフランス文学者・辰野隆は息子である。
1854年(嘉永7年)肥前国(現在の佐賀県)唐津藩の下級役人・姫松蔵右衛門とオマシの間に次男として生まれる。
姫松家は足軽よりも低い家格であった。
1868年(明治元年)叔父の辰野宗安の養子となる。
1873年(明治6年)工部省工学寮(のち工部大学校、現在の東大工学部)に第一回生として入学。

たつのきんご [生]嘉永7(1854).8.22.唐津[没]1919.3.25.東京建築家,工学博士。仏文学者辰野隆の父。ヨーロッパの工業技術輸入のため政府が招いた建築技師ジョサイア・コンドルに師事し,1879年に工部大学校造家学科第1期生として卒業。イギリスに留学し,コンドルの師,ウィリアム・バージェズの事務所で修業。1883年帰国後はコンドルの後任として工部大学校教授を務め,東京帝国大学工科大学教授,同学長として建築教育に専念。1886年造家学会(現日本建築学会)創立に参加。のちに会長も務めた。1902年退職後は建築事務所を設立して多くの建築設計に従事,洋風建築の発展に貢献した。主要設計は工科大学本館(1888),日本銀行本店(1890~96),両国国技館(1909),東京中央停車場(東京駅,1911~14)。 (引用元 コトバンク)