芸能人・経営者のおくやみ情報

松平清康(まつだいらきよやす)

戦国武将[日本]

(徳川家康の祖父、天文4年12月5日歿)

(ユリウス暦) 1535年 12月29日 死去斬殺享年25歳

松平清康 - ウィキペディアより引用

松平 清康(まつだいら きよやす)は、戦国時代の武将。
三河松平氏(安祥松平家)の第7代当主。
第6代当主・松平信忠の子。
三河国安祥城城主および岡崎城主。
安祥松平家は清康の代に安城岡崎を兼領し、武威をもって離反していた一族・家臣の掌握を進め西三河の地盤を固めた。
徳川家康の祖父にあたる。
生涯 三河統一へ 永正8年9月7日(1511年9月28日)、第6代当主・松平信忠の嫡男として生まれる。
大永3年(1523年)に隠居の祖父・道閲(長親)や一門衆が父・信忠を隠居させて、子である竹千代(清康)に家督を継承させた。
三河吉良氏の吉良持清の偏諱を受けて清孝(きよたか、のち清康)と名乗る。
大永6年(1526年、または大永4年(1524年))、山中城を攻撃して西郷信貞(松平昌安)を屈服させる。
信貞の居城であった旧岡崎城は破棄し、現在地の新岡崎城に移転。
足助城の鈴木重政を攻めてこれを降伏させる。
このころ清和源氏のひとつ・新田氏一門である得川氏の庶流・世良田姓を称し、通称として世良田次郎三郎と名乗ったという。

まつだいらきよやす [生]永正8(1511).三河[没]天文4(1535).12.5.尾張戦国時代の武将。徳川家康の祖父。信忠の子。大永3(1523)年13歳で家督を継ぎ,翌年西郷弾正左衛門尉信貞を攻めて安祥(安城)から岡崎に入り,次いで西三河を平定。享禄2(29)年牧野伝蔵ら4人兄弟のこもる吉田城を攻め落し,田原に押寄せて東三河も手中に収めた。その後,今川氏に属し天文2(33)年三河に進出した信濃の兵と井田野で戦ってこれを敗走させた。同4年12月織田信秀を討つため尾張森山に陣をしいたが,家臣阿部弥七郎の誤解から不慮の死をとげた。この事件は一般に「森山崩れ」と呼ばれている。 (引用元 コトバンク)

「松平清康」と関連する人物(故人)