芸能人・経営者のおくやみ情報

神代辰巳 氏

映画監督[日本]

1995年 2月24日 死去急性肺炎享年69歳

神代 辰巳(くましろ たつみ、1927年4月24日 - 1995年2月24日)は日本の映画監督。
佐賀県出身。
徴兵逃れのために九州帝国大学付属医学専門部に入学するも中退し、早稲田大学文学部を卒業。
松竹の助監督を経て日活へ移籍。
助監督時代に東宝のスター女優だった島崎雪子と結婚するも、10年ほどで離婚。
デビュー作となった『かぶりつき人生』は、日活の衰退期とその内容もあってか、一般作としては日活史上最低の興行失敗となった。
そのため、この後の日活の一般作の監督オファーはなかったが、ロマンポルノ路線を敷いた日活のエース監督として数々の名作を残す。
特に、絵沢萌子は、彼の作品の常連女優であった。
「青春の蹉跌」以降は、一般映画でも評価の高い作品を連打してぐんぐん盛名を高め、のち日本映画の主流を成すことになる、「ポルノ、ピンク出身の巨匠」の、先駆的存在となる。
中でも萩原健一は、自分の主演作『もどり川』へ監督のオファーを願い出るほどのファンであり、桃井かおりも「くまさん」と呼び、親しんでいた。

映画監督。脚本家。 故人。 にっかつロマンポルノ。 1927年4月24日、佐賀生まれ。徴兵逃れの意図もあって九州帝国大学付属医学専門部に進んだがすぐ終戦となり、本来望んでいた文学を学ぼうと、早稲田大学に再入学。文学書のみならず、キェルケゴールの『死に至る病』から実存主義などの哲学書も読み耽る青春だった。早稲田大学文学部を52年に卒業。翌年、松竹京都撮影所助監督部に入社。55年、日活助監督部に移籍、今村昌平らの助監督につく。監督デビューは68年の『かぶりつき人生』。興行的失敗のためにほされ、72年までテレビの仕事などを手がける。その後、日活のロマンポルノ路線への変更に従い、同年に監督第二作『濡れた唇』。続く『一条さゆり・濡れた欲情』は大ヒット。脚本作の村川透監督『白い指の戯れ』や宮下順子、石橋蓮司主演の『赫い髪の女』は名作として名高い。その他のロマンポルノに『恋人たちは濡れた』『黒薔薇昇天』『四畳半襖の裏張り』『鍵』『壇の浦夜枕合戦記』『嗚呼!おんなたち・猥歌』など。それ以外では、東映で『地獄』、東宝で『遠い明日』、ATGで『青春の蹉跌』『ミスター・ミセス・ロンリー』、後の日活のロッポニカで『噛む女』などを撮る。また、人気時代劇「必殺シリーズ(朝日放送・松竹)」の第9弾『必殺からくり人血風編?』に脚本担当として参加。作品全体の世界観に大きな影響を与えた。 (コメント欄より転記) (引用元 Hatena Keyword)