芸能人・経営者のおくやみ情報

村上元三 氏

作家[日本]

2006年 4月3日 死去心不全享年97歳

村上 元三 (むらかみ げんぞう、1910年3月14日 - 2006年4月3日) は日本の小説家。
朝鮮元山生まれ。
青山学院中等部卒。
1934年、「サンデー毎日」懸賞小説で選外佳作となった『利根の川霧』でデビュー。
浅草の剣戟俳優・梅沢昇の脚本を書いているうち、梅沢の紹介で長谷川伸を知り、師事する。
1941年には長谷川主催の雑誌「大衆文芸」に掲載された、『上総風土記』で直木賞受賞。
戦後に朝日新聞夕刊に当時タブーであった剣豪小説『佐々木小次郎』を1年程掲載。
大衆文学復興の旗手となる。
北方もの、人物評伝もの、伝奇もの、海洋冒険もの、芸道もの、股旅もの、お家騒動ものと、多彩な作品を執筆した。
代表作に『水戸黄門』『勝海舟』『次郎長三国志』など。
1954年下半期から1989年下半期まで、30年以上の長きにわたり直木賞の選考委員を務めた。
2008年現在、最長在任記録となっている。
2006年4月3日、心不全のため東京都世田谷区の病院で死去。
享年96。
受賞歴 1934年 サンデー毎日大衆文芸賞佳作入選 1941年 第15回直木賞 1965年 NHK放送文化賞 1974年 紫綬褒章 1981年 勲三等瑞宝章 主な作品 蝦夷日記 北緯五十度 源義経(NHK大河ドラマ「源義経」の原作) 次郎長三国志 流域の賊 松平長七郎旅日記(1959年の東映作品『長七郎旅日記 魔の影法師』、『長七郎旅日記 はやぶさ天狗』、テレビ時代劇『長七郎江戸日記』原作) 加賀騒動(1953年の東映作品『加賀騒動』の原作) 天保つむじ風 著作 『先駆者の旗』春陽堂 1940 『上総風土記』新小説社 1941 のち春陽文庫  『緋鹿乃子捕物草紙』杉山書店 1941  『北海に叫ぶ』博文館 1941  『人情江戸八景』八紘社杉山書店 1942  『花火』湯川弘文社 1942  『抜刀隊の歌』東光堂 1942  『高下駄兵法』六芸社 1943  ……

  • 題名
    源義経歌絵巻
    歌手
    発売元
    テイチクエンタテインメント
    発売日
    2004年12月16日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 2,037 より
  • 題名
    源義経歌絵巻
    歌手
    発売元
    テイチクエンタテインメント
    発売日
    2004年12月16日
    新品価格
    より
    中古商品
    ¥ 1,500 より

時代小説作家。 1910年(明治43年)、生まれ。2006年(平成18年)4月3日、死去。 1940年(昭和15年)、『上総風土記』により第12回直木賞受賞。 1965年(昭和40年)、NHK放送文化賞受賞。 1974年(昭和49年)、紫綬褒章受章。 代表作『次郎長三国志』『佐々木小次郎』『水戸黄門』等。 (引用元 Hatena Keyword)