芸能人・経営者のおくやみ情報

長新太 氏

絵本作家[日本]

2005年 6月25日 死去中咽頭がん享年79歳

長 新太(ちょう しんた、1927年9月24日 - 2005年6月25日)は日本の漫画家・絵本作家。
ナンセンスの神様との異名も持つ。
数多くの絵本を出しており、児童文学の挿絵も多い。
本名は鈴木しゅう治。
「しゅう」は「揫」で、下の部首が手で上が秋という字(常用漢字外)。
東京府荏原郡羽田町に生まれ、蒲田に育つ。
戦時中は陸軍少年飛行兵学校を受験したが体重が足りなかったために不合格となる。
東京市立蒲田工業学校(現在の東京都立一橋高等学校)卒。
蒲田が空襲の被害を受けたため横浜市に移り、ここで敗戦を迎える。
映画が好きだったため映画館の看板屋で働いたが、3年ほどで仕事を辞める。
1948年、東京日日新聞の漫画コンクールに応募作品「ロングスカート」が一等入選、これを機に東京日日新聞社に入社。
1949年漫画家としてデビュー。
日日新聞社の編集者の命名でペンネーム「長新太」が決まる。
コンクール作品の題名「ロングスカート」より「長」、新人の「新」、図太く行けとの願いを込めて「太」としたものである。

ちょうしんた [生]1927.9.24.東京[没]2005.6.25.東京まんが家,絵本作家。本名鈴木揫治。やわらかいフリーハンドのアウトラインで,独特のフォルムをもつまんがや童話の挿絵を描き,またエッセーを書く。多才な活動が絵本『おしゃべりなたまごやき』(1959)に結晶し,文藝春秋漫画賞を受賞。また同書の水彩画の大判絵本は国際アンデルセン賞国内賞を受けた。『ぼくのくれよん』(1977)など,絵によって新しい世界を創造するユニークな絵本を描き,日本の絵本界で先駆的な役割を果たした。1977年『はるですよふくろうおばさん』で講談社出版文化賞絵本賞,1984年『ぞうのたまごのたまごやき』で小学館絵画賞,1994年産経児童出版文化賞,1999年日本絵本賞受賞。1994年紫綬褒章受章。 (引用元 コトバンク)