芸能人・経営者のおくやみ情報

ルー・ゲーリッグ

メジャーリーガー[アメリカ]

1941年 6月2日 死去享年39歳

ルー・ゲーリッグ - ウィキペディアより引用

“ルー”ヘンリー・ルイス・ゲーリッグ(Henry Louis "Lou" Gehrig, ドイツ語:Heinrich Ludwig Gehrig(ハインリヒ・ルートヴィヒ・ゲーリヒ), 1903年6月19日 - 1941年6月2日)は、メジャーリーグのプロ野球選手(内野手)。
ゲーリッグは毎日プレーを厭わないその頑丈さから鉄の馬(Iron Horse)と呼ばれ、1925年から1939年の14年間に渡り、当時の世界記録となる2130試合連続出場を果たした。
1939年、体調異変を感じて自ら欠場を申し入れ、記録は途切れた。
後の診断で筋萎縮性側索硬化症と診断されたゲーリッグは引退を決意した(この病気は「ルー・ゲーリッグ病」と称されることもある)。
ゲーリッグが現役生活の晩年に手のレントゲン撮影を行ったところ、手だけで17もの骨折箇所が見つかった。
連続出場はこれほどまでに彼の身体に負担を強いており、筋萎縮性側索硬化症の発症がなくても、遠からずその記録は途切れていただろうと推察される。

の言及 【ゲーリッグ】より …アメリカの大リーグ野球選手。愛称ルー。ニューヨークに生まれ,1923年,ニューヨーク・ヤンキースに入団。一塁手,4番打者として活躍,3番打者ベーブ・ルースとともに,ヤンキースの人気を高めた。39年まで17シーズンの選手生活で,打率3割4分1厘,連続試合出場数2130回,三冠王(1934)などの記録を残した。31年と34年に全米選抜チームに加わって来日した。【川本信正】… ※「ルー・ゲーリッグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)