芸能人・経営者のおくやみ情報

牧野伸顕

政治家、伯爵[日本]

(大久保利通の次男)

1949年 1月25日 死去喘息性心臓衰弱享年89歳

牧野伸顕 - ウィキペディアより引用

牧野 伸顕(まきの のぶあき、1861年11月24日(文久元年10月22日) - 1949年(昭和24年)1月25日)は、日本の政治家。
位階は従一位。
勲等は勲一等。
爵位は伯爵。
名はシンケンと通称されることもある(有職読み)。
以前の諱は是利(これとし)。
吉田茂は女婿、寬仁親王妃信子と麻生太郎は曾孫にあたる。
1861年11月24日(文久元年10月22日)、薩摩国鹿児島城下加治屋町猫之薬師小路に薩摩藩士・大久保利通と妻・満寿子の二男として生れた(幼名は伸熊)。
生後間もなく利通の義理の従兄弟にあたる牧野吉之丞の養子となるが、1868年(慶応4年)に吉之丞が戊辰戦争における北越戦争(新潟)で戦死したため名字が牧野のまま大久保家で育った。
1871年(明治4年)、11歳にして父や兄とともに岩倉遣欧使節団に加わって渡米し、フィラデルフィアの中学を経て、1874年に帰国し開成学校(後の東京帝国大学)に入学する。

まきののぶあき [生]文久1(1861).10.22.鹿児島[没]1949.1.25.千葉政治家,外交官。大久保利通の次男。大叔母の婚家を継ぐ。明治4(1871)年,西郷隆盛が勅命により上京したとき,ともに上京。同年岩倉遣欧使節団に留学生として随行,渡米。西郷の息子菊次郎,村田新八の息子十蔵らとともにフィラデルフィアで中学に通った。1874年帰国。79年,外務省見習いを経て翌年,公使森有礼のもとでロンドンの日本公使館アタッシェとなり渡英。83年太政官制度取調局に出仕。のち黒田内閣の総理大臣秘書官,福井,茨城県知事などを歴任した。92年文部次官となった。このとき学校樹栽日を提唱。96年イタリア公使となり,日露戦争中オーストリア大使。1906年第1次西園寺内閣のもとで文部大臣に就任し,開成学校以来の学友岡倉天心の協力を得て文展を創設。また東北,九州の2帝国大学を開設した。第2次西園寺内閣の農商務大臣,山本内閣の外務大臣を経て,19年パリ講和会議の全権委員。帰国後,宮内大臣,25年より平田東助の後任として内大臣についた。東亜同文書院会長,日本棋院総裁などをもつとめた。 (引用元 コトバンク)