芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川潾二郎 氏

画家作家・地味井平造[日本]

1988年 1月28日 死去享年84歳

長谷川 潾二郎(はせがわ りんじろう、1904年1月7日 - 1988年1月28日)は、日本の画家、および小説家。
猫の絵で有名。
2010年には『平明・静謐・孤高-長谷川潾二郎展』が平塚市美術館で開催された。
生涯 1904年 父・長谷川清(後に淑夫に改名)、母・長谷川ユキの二男として函館に生まれる。
その後、画家を志す。
1924年 上京 1931年 パリへ。
数年滞在する予定だったが約1年で帰国。
1988年 84歳で死去。
兄弟 長兄 - 作家の長谷川海太郎(牧逸馬=林不忘=谷譲次) 二男=潾二郎本人 弟(三男) - ロシア文学者で詩人の長谷川濬 弟(四男) - 作家の長谷川四郎 潾二郎自身も地味井平造の筆名で探偵小説を著した。
作品 絵画 『ハリストス正教会への道』(1923年) 地元の風景を描いた作品。
『窓とかまきり』(1930年) 『道(巴里郊外)』(1931年) 『時計のある門』(1935年) 『バラ』(1938年) 『早春の岬(伊東付近)』(1941年) 『猫』(1966年)6年かけて彼の愛猫タローを描いた。

「長谷川潾二郎」と関連する人物(故人)