芸能人・経営者のおくやみ情報

児玉広志 氏

競輪選手[日本]

2015年 8月5日 死去自殺享年47歳

児玉 広志(こだま ひろし、1969年5月31日 - 2015年8月5日)は香川県小豆島出身の競輪選手である。
日本競輪学校第66期卒業。
日本競輪選手会香川支部所属。
初出走は1990年8月9日、西武園競輪場。
初勝利も同レース。
高松第一高等学校在学中から自転車競技を始め、卒業後に日本競輪学校へ入学。
デビューから2年後に競輪祭新人王戦を優勝して注目を集めるようになり、1996年にオールスター競輪を優勝するとトップ選手としての地位を確固たるものにした。
身長166cmという小柄な体格と、当時選手層の薄かった四国地区所属の選手だったため、しばしば他地区のラインへ切り込む等のライン戦法を無視した競走を行っていたが、ラインに関係なく立ち回る戦法は、現世代の選手たちに大きな影響を与えている。
全盛期にはその戦法で特別競輪において活躍を続けタイトルを量産、2000年にはオールスター競輪とKEIRINグランプリ2000を優勝していて、5期上の神山雄一郎らを抑えて競輪界の頂点にまで上り詰め、両方のレースともゴールした後に自転車から降りてバンク上を飛び跳ねて喜んでいたことは今も語り草となっている。

日本の競輪選手。1969年5月31日、香川県小豆島生まれ。90年、日本競輪学校第66期生としてプロデビュー。96年には「オールスター競輪」でG1初制覇を果たし、97年「全日本選抜競輪」、99年「寛仁親王牌」と優勝。2000年には「オールスター競輪」「KEIRINグランプリ」を制し賞金王に輝いた。15年8月5日夜、自宅の浴槽で死亡しているのが発見された。享年46。通算成績は、1625戦319勝、優勝54回(うちG1優勝4回)、生涯獲得賞金は約11億4800万円。 (2015-8-10) (引用元 コトバンク)

「児玉広志」と関連する人物(故人)