芸能人・経営者のおくやみ情報

田坂具隆 氏

映画監督[日本]

1974年 10月17日 死去享年73歳

田坂具隆 - ウィキペディアより引用

田坂 具隆(たさか ともたか、明治35年(1902年)4月14日 - 昭和49年(1974年)10月17日)は、日本の映画監督。
広島県出身。
瀬戸内海に面した漁村、広島県豊田郡沼田東村(現在の三原市沼田東町)に生まれた。
現在は市街地となっている。
5歳で母に死別、京都で父に育てられ第三高等学校(現在の京都大学)に進学するが、父の事業の失敗で中途退学。
小新聞社の記者として勤務のち、病弱で兵役免除となったのを機に厳格な父の反対を押し切って大正13年(1924年)、日活大将軍撮影所へ入社。
助監督となり、徳永フランク、三村源治郎、村田実、溝口健二、鈴木謙作らにつき、3年目には早くも監督に昇進した。
『かぼちゃ騒動記』で監督デビュー後、『情熱の浮沈』、『阿里山の侠児』、『かんかん虫は唄う』、『この母を見よ』、『春と娘』など、様々なジャンルの作品を発表。
入江たか子主演の『心の日月』の大ヒットで一線に立ち、自分の企画で映画を作れるようになった。
昭和7年(1932年)、日活太秦撮影所の争議で内田吐夢、伊藤大輔、村田実らと「七人組」を結成し日活から独立、新映画社を興すが解散。