芸能人・経営者のおくやみ情報

熊谷守一 氏(くまがいもりかず)

画家[日本]

1977年 8月1日 死去肺炎享年98歳

熊谷守一 - ウィキペディアより引用

熊谷 守一(くまがい もりかず、1880年(明治13年)4月2日 - 1977年(昭和52年)8月1日)は、日本の画家。
日本の美術史においてフォービズムの画家と位置づけられている。
しかし作風は徐々にシンプルになり、晩年は抽象絵画に接近した。
富裕層の出身であるが極度の芸術家気質で貧乏生活を送り、「二科展」に出品を続け「画壇の仙人」と呼ばれた。
1880年(明治13年)4月2日、機械紡績を営む事業家で地主の熊谷孫六郎(初代岐阜市市長・衆議院議員)の三男として岐阜県恵那郡付知(現・中津川市付知町)に生まれた。
子供時代から絵を好んだ。
青年時代 上京し、1897年(明治30年)、慶應義塾普通科(慶應義塾普通部)に入学するも1年程で中退し、1898年(明治31年)、共立美術学館入学。
1899年(明治32年) 召集、徴兵検査で乙種合格(前歯が7本抜けていたため甲種では不合格。
日露戦争では徴兵されなかった)。
1900年(明治33年)、東京美術学校に入学。
同級生に青木繁、山下新太郎らがいる。
山梨県や東北地方を巡るスケッチ旅行をする。

洋画家。岐阜県生。東美校卒。文展入選後、母の死を機に木曽山中で樵夫などをして五年間を過ごすが、斎藤豊作らのすすめで上京し、二科会会員となる。戦後は二紀会創立に参加したが、のち退会する。作風は次第に色と形が単純化し、独自の様式が確立された。また水墨画、書も能くする。文化勲章や叙勲を辞退し「画壇の仙人」と称された自由な生活と制作に晩年をおくった。昭和52年(1977)歿、97才。 (引用元 コトバンク)